バーミキュラ(vermicular)レビュー話題の商品

バーミキュラ ライスポットの5つの魅力

わかりやすい操作性とシンプルな機能

操作はポットヒーター下部にあるタッチパネルで行い、必要なメニューだけが表示されるようになっている。本体のタッチパネルから「炊飯」アイコンを選択し、白米→硬さ→炊飯量を選択して「OK」をタッチするだけ。炊飯量を選択する以外は、一般的な炊飯器と操作性は変わらないので安心。普通の白米以外には、玄米やおかゆ、おこげといった選択メニューもある。

細部までこだわるデザイン性と付属品が秀逸

本体のデザインはお釜をモチーフにしたどこか懐かしい感じ。スッキリしてオシャレなデザインは見せたくなるようなスタイリッシュな見ため。さらに付属する米用計量カップまでデザイン性が高く、フタを立てかけるリッドスタンドも付随していて置き場所のこまる蓋もすっきり収納。付属のレシピブックには簡単にできて食卓が豊かになるメニューが100品掲載されていて、買ったその日から手軽にプロ並みの料理を楽しめる。

 

 

ホーロー鍋としても使える炊飯器

ホーロー鍋の「ポット」とIH調理器でもある「ポットヒーター」の2つのパーツで構成されているため、もちろんポット部分はバーミキュラのホーロー鍋で、ポットヒーターだけでなくコンロで使用することもできる。

お米の粒まで立っている!冷えてもおいしい。

炊き上がりの感想は、まさにコメのひと粒ひと粒が立っているように見える。ふたを開けた時のご飯は香りが強めで、食べてみても適度な甘みと弾力が楽しめる。水っぽくならず、べたつきもないのでお弁当に入れてもおいしくいただけそうである。

 

一台で無水調理や低温調理もできて何役もこなす優れもの

中火・弱火・極弱火の3種類から火力を選ぶことができ、炊飯以外の煮る、炒めるといった調理も可能。バーミキュラ製品の特徴でもある無水調理ももちろん可能。さらに、30~95℃まで鍋内部の温度をキープする「保温」モードも使用すれば、「低温調理」も簡単だ。加熱温度を一定にすることが出来るため、焼きすぎの恐れもなく安心である。火加減の調節の必要もないため、ライスポットに調理を任せて、その間に自由に時間を使えるから、子育て中の人や共働きの人にもおすすめ。

続きを読む

こちらの記事もチェック

この記事も読む

Close